相模国分寺跡 - 神奈川ハッピータウン

神奈川ハッピータウン with Fm yokohama84.7

神奈川ハッピータウンとは?/運営会社 All Achives

スポット

相模国分寺跡

2018/02/06

海老名駅から東へ500メートルほど歩いた場所にある「相模国分寺跡」は、大正10年に国の史跡指定を受けたスポットです。全国各地に存在する国分寺は奈良時代の聖武天皇による詔で建立されたもので、相模国では現在の海老名の地に創建されました。およそ70000平方メートルの敷地内には七重塔や金堂、講堂、僧坊、中門、回廊などがあったとされ、いくつかの礎石が現存するほか、復元された基壇などから当時の配置を伺い知ることができます。現在は芝生の広がる歴史公園として市民に開放されていて、ベンチなども整備されていることから散歩や休憩などの憩いの場となっています。また、南東に5分ほど歩いた場所には近現代になって再建や改築が為された相模国分寺があるので、こちらに足を伸ばしてみるのもよいでしょう。

その他の記事もcheck!

【詳細情報】

Facebookで記事を見る>>

その他の記事もcheck!